FXデイトレードはアメリカが発祥の地です

今は日本でもかなり認知度の高いデイトレードですが、そもそもはアメリカが発祥の地でした。
その当時は、日本でデイトレードを行うためには、手数料の問題がありほぼ広まることがなかったのです。
しかし近年は手数料をかなり格安な設定とした証券会社等が増えてきましたので、日本でも手を出しやすくなり、そのリスクの少なさなどのメリットから利用者も増えてきているのです。
しかしアメリカでは、当時急上昇していたドットコム銘柄を追い続けているトレーダーがほとんどだったのですが、1999年のインターネット株急落によって、非常に多くの方が投資家を廃業する結末となってしまいました。
このことを例に挙げ、日本でのデイトレード市場を不安視する方もいますが、現状アメリカの例とは比べ物にならず、差し当たって心配する必要はないでしょう。