プロミスのキャッシングの金利って実際にはどれぐらいか計算してみる。

一般的に消費者金融プロミスのキャッシングの金利というものは銀行カードローンよりも高金利と言われています。

消費者金融のプロミスのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%というところが多いですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので明らかに低金利なことが分かります。

消費者金融の最大貸出限度額は、500から800万円と設定されていることが多いのですが銀行カードローンの場合は一部の銀行を除いて800から1 200万円と高額です。

ちなみに、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のプロミスのキャッシングは事業用資金として使用することを認めている場合が多いです。

又、銀行カードローンの場合は同行に口座を開設するなどの条件が付きますが消費者金融の場合は預金機能がないので、口座開設などといった条件が付随することもありません。

消費者金融プロミスと言うと堅気じゃないと思われがちで暗い、怖いというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は暴力的な取り立てや時間を無視して自宅へ押しかけるような乱暴な行為が横行していました。

近年、法律が改正され銀行傘下に入る企業が多くなりブラック企業の面影はなくなっていると言えるでしょう。

最近では、テレビやラジオのCMに今和田の人気タレントを起用したり借金を匂わせない内容でイメージアップを狙っています。

一方で内容がイメージ戦略に偏りすぎているCMも多く何のコマーシャルなのか全く分からないという不満の声もあがっています。

消費者金融プロミスのキャッシング審査は相対的に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、落ちる原因があると思います。

過去に自己破産や返済が遅延させた事がある人は要注意人物としてマークされ、承認が下りない可能性があります。

また、総量規制という年収の3分の1を超える借り入れはできない規則に抵触している可能性もあります。

要は、年収300万円の人は100万円が限度額となり、その人がすでに50万円の借金がある場合は新規カードローンでは50万円が限度額ということです。

又、複数から借り入れがある人は多重債務者と言って、どの消費者金融プロミスでも審査に通るのは難しいと言えるでしょう。

消費者金融の借入れ条件やデータというものはネットにまとめられているランキングサイトを見れば一覧することが可能です。

消費者金融ごとにまとめてくれているサイトもあれば一覧表にして分かりやすく表示しているサイトもあります。

各金融機関についてそれぞれお勧めポイントを紹介してくれているサイトもあるので消費者金融を初めて利用するという人でも、簡単に比較することができるのでとても便利です。

しかも公式サイトへのリンクを貼って誘導してくれるサイトが普通なので比較後、すぐに利用申し込みの手続きをすることもできます。

しかも、ランキングサイトの中には、申し込み時の記入方法が細かく解説されていたり審査に通るためのコツやポイントを紹介しているサイトもあります。

借入しやすいのが特徴ともいえる消費者金融ですが審査能力は伊達ではありません。

堅実で審査のハードルが高いというイメージが強い銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者であることは、あまり知られていないですよね。

貸金業法が改正されたことによって大口融資ができなくなった消費者金融業者のほとんどは銀行の保証会社となることで銀行グループの傘下にはいりました。

一般的なイメージでは銀行の方が頭が良さそうだと思われていますが審査能力に関しては消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行為替や預金などの業務の一部として金融も行っているにすぎないため融資を本業とする消費者金融プロミスの方が、与信審査の専門性が格段に高いと言えます。

消費者金融は借りる時はとても簡単に貸してもらえるけど返済が遅れるたら恐ろしいくらい利息が付くとったイメージを持つ人は多いと思います。

確かに以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのも事実ですが近年は消費者金融も法律を守るように改善されたので、そのようなことはありません。

金利は銀行カードローンと比較すると高めですが提携ATMの数は銀行よりも多いです。

そのため、借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行える上にATM手数料が無料だったりするので、銀行カードローンよりも使い勝手が便利です。

また、消費者金融レディースローンを用意しているところも多いので女性の利用者も増えています。

住宅ローンは保証人や担保が必要となりますがカードローンはいわゆる無担保ローンとなっています。

住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が起きる可能性はないかをきちん審査する必要があります。

その一方で、プロミスのカードローンやクレジットカードなどのローンというのは住宅ローンほど大きな融資にはなりませんし、返済期間も比較的短期です。

そのため、個人の信用だけで借りることができますし保証人や担保も必要ありません。

何より、保証人を立てて審査をしなければいけないとなると時間がかかってしまうためプロミスのカードローンの良さであるスピード感が失われてしまいます。

消費者金融のプロミスのキャッシングのメリットといえば簡単に借り入れることができ好きな時にATMで返済できるので借金をしている感覚を感じさせないほど手軽に利用することができます。

プロミスのカードローンは使い方によっては非常に便利なものなのですが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなることが心配されます。

参照:プロミス審査の口コミは?即日ネット申し込みOK!【私の体験談】

特に住宅ローンは数十年に渡って数千万円を返済していくローンなのでローンを組む人は金銭的に安定していることが絶対条件になるのです。

ですから、カードローンを使用し続けているという方は常に金欠状態と判断され事前審査の段階で落とされてしまうでしょう。

完済していてもカードを所有しているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組むなら、カードローンは解約しておいたほうが良いでしょう。

複数の消費者金融プロミスから融資を受けている人は多重債務者と言って金融業界からは目を付けられています。

急な飲み会や探してた欲しいものが見つかったなど予定外の出費が重なって、次の給料日まで水だけで過ごさなくていけない...ということがあると思います。

そんなピンチの時に救ってくれるのがカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で手軽に借り入れることができます。

一度カードローンを利用すると簡単に現金を手にすることができるので自分の口座から預金を引き出す感覚で、どんどん借金を重ねてしまう人も多いようです。

そんな調子で利用していると、あっというまに限度額に達してしまうため複数のプロミスのカードローンを掛け持ちすることになりかねませんのでくれぐれも注意して下さい。

カードローンの新規申込の方法はいくつかあり一般的には、郵送や電話インターネットによる申し込みがあります。

郵送の場合は、まず申込書を入手して必要事項を記入したら、返送し審査結果を待つだけです。

問題無く審査に合格しましたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが行われて、ローンカードがお手元に届くという流れになります。

ちなみに、パソコンやスマホからの申し込みの場合消費者金融のサイトへアクセスし、申込フォームに入力して送信するだけです。

メールにて審査に通過したという連絡が来たらそのメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップロードすれば審査が完結する「web完結」が最近のカードローン申請の主流です。

最近の消費者金融業界は法律改正効果やCM効果によって年々、ブラック企業というイメージは払拭されつつあります。

最近では就職先としての人気も上昇中なようなので消費者金融プロミス業界の業務内容や労働条件を解説します。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力・管理し、返済が遅延している人に対し電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職するにあたり、必須の資格ではありませんが責任者に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得する必要があります。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度のようで成果を上げることでボーナスという形で評価してもらえます。

プロミスのカードローンの仕組みを紹介します。

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中であれば何回でも借り入れや返済を行うことができるというものです。

決まった日時に借入残高の利息が計算されて毎月の返済日に引き落としをされる約定返済が基本の返済方法です。

引き落される金額は借入した残高によってランク分けされていてその金額の範囲内から利息を差し引いた分が元本の返済に充てられという流れです。

ですから、利息の計算日までにできる限り元本を減らしておくことが利息をできるだけ安くする有効な方法と言えます。

ローンの返済には、約定返済以外にも繰り上げ返済という方法があり繰り上げ返済は多収入が多かった時にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。